マーケティングにおけるターゲティングのポイント

マーケティングにおいてはターゲットを絞り込むことが重要となります。ターゲットは年齢層や地域だけでなく、より一層の絞り込みをかけることも重要となります。7月にホームページにアクセスした人物といったターゲティングも有効です。しかし、到達できないターゲットを対象にしないように注意が必要です。例えばブドウ味のチョコレートを売りたいと考えた時にブドウが好きな方をターゲットに絞ることは非常に有効にも思えます。ところが、どうやってブドウが好きな人を絞るのかが難しいです。通販サイトのブドウのページにアクセスした人物ならばある程度絞り込めますが、実際にブドウ好きな方がブドウを通販で購入しているとは限りません。また、ブドウを好きな方がブドウ味のチョコレートを好むかも分かりません。そのため、この絞り込み方はあまり良くないと言えます。ターゲットを絞る際には年齢、住んでいる場所、性別など明らかにしやすい部分と、ページにアクセスした頻度や資料請求を行ったかどうかなどという行動に関する部分のどちらかを重要視するのがお勧めです。特に行動で絞り込むことで他者が思いつかないような少し特殊なターゲットにすることも可能です。

ターゲットを絞った後はアプローチです。アプローチの手段としては手紙、メール、ホームページ上での告知などがあります。メールは最も無難な手段であり、コストも極めて安いです。しかし、ホームページから配信されてくるメールの中で興味のないものはすぐに削除されてしまう可能性があります。手紙は一定の印象を付けられる上にクーポンなどを付加することも可能です。その分、高いコストはかかりますが、アプローチの手法としては定番です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL