マーケティングの手法の1つ、「3C分析」とは?

マーケティング戦略は企業にとっては重要な事業戦略の一つで、その構築のためには様々な分析手法が利用されます。3C分析もその1つで、3Cとは市場(customer)、競合(competitor)、自社(company)の頭文字を取ったもので、この3つの視点から分析する事で戦略構築の一助とする手法です。
自社の事業は、市場の中で競合企業と競いながら活動しているものであり、この3つのポイントで分析を加える事は、自社の置かれている状況を正しく知り、戦略を構築するためには必須と言えるのです。

まず市場分析としては、自社の製品やサービスの潜在的購買層を分析・把握します。具体的には、市場規模やその地域性や市場の成長性や潜在需要が購買決定に至るまでのプロセスなどの視点で分析を加えます。

次に競合に関しては、自社が対象とする市場における競合企業を、その競合企業の市場を攻めたり、競合企業から自社の市場を守ると言った視点から分析を行います。
具体的には、競合企業数や寡占状況、その市場の参入障壁、競合企業の戦略や自社と対比しての強みや弱み、さらに競合企業の経営状況等を分析します。こうした競合企業の分析により、自社の強みや弱みをより明確に知る事にも役立ちます。

こうした分析の後に、最後に自社分析を行います。具体的には、自社の経営資源や企業活動を定量的及び定性的に分析・把握します。定量的な指数としては売上高、市場シェアー、利益率等を、定性的な分析内容としては、ブランドイメージや人的資源等を考察します。

3C分析は以上の様な分析を行う手法ですが、市場・競合・自社のいずれも、常に変化するものである為、分析は1度行えば良いものではなく、事業計画の立案時などに定期的に実施する事が重要です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL