企業にとって重要なマーケティング戦略

最近では企業イメージで消費者が物やサービスの購買を決定する時代です。実際にその商品を購入する前にその商品やサービスへのイメージにより購入するかどうかを決めます。企業にとってマーケティング戦略が会社の業績を左右する時代になります。その中でも広告は企業が重要視するポイントの一つになります。
広告は消費者が気がついていないニーズすら掘り起こす可能性があります。その為には、物やサービスが購買対象者に的確にアプローチしていることが重要になります。

これまで広告戦略というと、新聞やテレビなど対象者を狭く絞らない形での広告が重視されてきました。しかし、インターネットが普及し、個人の嗜好の細分化が進む中でよりターゲットを絞って効果的なアプローチを行う必要性が出てきました。特にテレビの場合見ている視聴者は年齢も性別も社会的な立場もバラバラです。売り込みたいターゲットに効果的にアプローチが出来ているのか費用対効果が明確に現れにくいということもあり、最近ではインターネット広告に樹点がシフトしている傾向にあります。インターネット広告の場合、検索結果などから商品やサービスのターゲットとなっている層に効果的にアプローチをすることが出来ます。

また、テレビのようなマスメディアを使用する広告は多額の広告宣伝費が必要になりますが、インターネット広告であればマスメディアを媒体にする広告よりもずっと費用を抑えることが出来ます。費用対効果の面でも、広告宣伝費を抑えることが出来る上に、ユーザーの趣向に合った広告を打つことが出来れば、企業にとってもメリットが大きいと言えます。また、最近ではSNSなどを使った消費者と企業との双方向のコミュニケーションツールも発達していますので、上手にブランディングを行えばより熱心な企業のファンになってくれる可能性が高まります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL