文字数と集客力の関係について

スマートフォンが普及し、インターネットを利用した集客が増えた現代でも、なおチラシを用いた集客方法は廃れずに残っています。WEBでの集客もチラシ配布での集客も、それぞれ異なる利点があるので、併用して商品の宣伝や情報提供を行っている企業は多いと思います。

どちらを用いるにしても、企業の最終的な目標は「商品を販売すること」に変わりはありません。そのためには、より効果的に集客を行う必要があります。そのために、企業では様々な工夫を凝らしています。自社のホームページ制作に力を入れている企業もあれば、チラシ制作に力を入れている企業もあるでしょう。

ホームページやチラシを制作する時に意識したいことは多々ありますが、今回は、掲載する文字数が多すぎても少なすぎてもいけないという点に絞って解説します。

文字数が少なすぎてもいけないというのは、つまり適度な情報量がなければ集客効果が望めないということです。インパクトのあるキャッチフレーズや画像があるならば、それだけでも顧客の興味・関心を引くことは可能です。しかし、単語や短文、画像だけで集客を行うのは大変難しいでしょう。そこで、顧客の心を掴むような情報が必要になります。

かといって、商品の情報をただ書き連ねるのも良い方法とは言えません。文字数が多すぎる文章では、顧客が読みづらさを感じたり、内容を把握できなかったりします。文字数が多くても読みやすいように工夫しなければなりません。読み手に配慮した工夫のうち、もっとも身近と言えるものは「改行」でしょう。改行によって1段落の文字数を減らすことで、読み手にとって読みやすい文章になります。

読みやすい文字数は、1文に60文字、1段落に600文字程度と言われています。ホームページやチラシに掲載する文章を考える際は、このことを念頭に置いておくと、顧客が目を通しやすいものを作ることができるでしょう。多くの顧客に見てもらうことで、集客に効果的な宣伝を行うことができます。

集客を行う際、ネックになるのはコストです。コストをかけられるならば、おそらくもっとも人の目に留まる確率が高いであろうテレビCMで販促を行いますが、集客に多くのコストを割ける企業ばかりではありません。そこで、テレビCMと比較して低コストのホームページやチラシを利用した集客を行う企業が多いのではないかと思います。

しかし、制作を自社内で行っている場合、一度作ってしまえば情報提供や更新が簡単なホームページならばともかく、配布するたびに必要な枚数を印刷しなければならないチラシにも、決して低くはないコストがかかります。あくまでテレビCMなどの高コストな販促方法と比較すれば低コストですが、それでも、可能な限りコストは抑えたいものです。

コストを抑えたチラシ印刷をするには、ウェブプレスの利用をおすすめします。こちらの印刷会社では、ほかの印刷会社よりも安くチラシ印刷を請け負う「価格対抗100%保証宣言」を行っています。

具体的には、WEB上の専用フォームから印刷条件の詳細と、同条件下でウェブプレスよりも安い他社の価格表URLを送信することで、他社の印刷価格から1000円値引きした金額で印刷を行ってもらえるというサービスです。WEB上で価格表を確認できる印刷会社の中では、常に最安値での印刷を依頼することができます。低コストでありながら、印刷物の品質も高く、良質なチラシを作りたい場合でも満足な仕上がりを望めます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL