アドネットワーク広告とは?その仕組みやメリット

宣伝の媒体として使われているWebサイトを多数集めて、一つの配信ネットワークを構築する宣伝手法をアドネットワーク広告と言います。この宣伝手段は、WEBにおける宣伝の今までの手法の概念を大きく変えるものとなっており、現在では企業が消費者に自社製品を宣伝するのに広く活用されています。


サービスを利用している企業は、アドネットワークで入札を行う事で、ネットワーク加盟のサイトに宣伝が出来るようになります。各サイトに貼られた宣伝バナーを通して、バナーを経由してアクセスしてきた人々の各種情報を得られるようになり、宣伝効果を把握しやすい環境作りが行えます。


課金形態がクリック課金型とインプレッション課金型で統一されている為、サービスを利用している企業は宣伝料を直感的に把握出来ます。

一方で、アドネットワークを使う時に気をつける事は、どのようなサイトが宣伝を行っているのかという事を全て把握する事は難しいという事です。サービスの利用企業が意図しない、宣伝とは関係が薄いサイトに貼られる事もありますので、それらを全てコントロールするのはシステム上出来ません。多くのサイトに宣伝を流す事が出来るというメリットと同時にデメリットも存在する事に注意する必要があります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL