インバウンドマーケティングによる営業効果

何かを購入する際、パソコンやスマートフォンで自身のニーズにマッチした商品を検索し、詳細に調べた上で注文したり店舗に足を運んだりする機会が増えています。一昔前であればチラシを見て店舗に出かけたり、デパートや専門店で店員さんの説明を聞くなどして判断していました。

現代は身の回りに情報が溢れており、またインターネットやスマートフォンの爆発的な普及により消費者が自ら欲しい情報に触れることができるため、前述した購買行動は少なくなっているのが実情です。企業側から消費者に対して情報を発信するマーケティングをアウトバウンドマーケティングと呼ぶのに対し、消費者が自ら情報を入手して購買に至らせるマーケティングをインバウンドマーケティングと言います。

これまでは企業側から発信されたテレビや雑誌、チラシなどで得ていた情報で判断していましたが、インターネットでの検索による商品情報の入手が主流ですが、個人消費のみならずBtoBの世界においてもその傾向は顕著です。

こうした消費者行動の変化に対応するべく、単なる営業担当の押し売りとならないよう、企業側は効果的なコンテンツの配信に注意を払う必要があります。事実、コンテンツ配信に成功している企業が顧客獲得に成功しているのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL