企業の海外進出にあたっての課題やリスク

近年は人口減少により国内マーケットが縮小していることから、海外への進出を企てる日本企業が増えつつあります。日本企業が海外進出するメリットは、何と言っても人件費と原材料の安さでしょう。安い人件費で人を雇うことができ、原材料費を低く抑えることができれば大きな収益につながります。

マーケットの広さも大きなメリットで、ほかにも低税率による節税効果や外資優遇税制など享受できるメリットは図り知れないです。

実際に海外に拠点を設けて生産拠点を設置した場合、コスト面での充実が大きく、現地での販路拡大をはじめ、国内での販路拡大にも良い影響を及ぼしています。

日本企業が海外に目を向けて進出することは大きな利益を生むことにつながりますが、その一方で課題とリスクが懸念されます。

進出するためのコストや通貨変動、政治のリスクや税務の複雑さ、現地文化や商習慣への対応など様々な課題が浮き彫りにされている現状です。実際に日本企業が直面している課題を考察すると、メリットと感じられている労働コストの削減が人件費の上昇に伴って恩恵を受けにくくなっています。

人材確保や育成など人に関する課題も多く、政治情勢やインフラは日本と比べるとまだまだ整備されていないので不安が残るところです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL